Flower Notes LIVE The Garden (中略) ~藤井愛願 Farewell Party~

 

今日の恋花は最高でした。

久しぶりに6人で咲かせた花は、今までのどのライブで見せた恋花よりも大きく、そして力強く咲き誇っていました。

 

そんな大きな1輪の花の花びらの1枚が、きょう散ってしまった。

 

その花びらはFlower Notes、そしてLabel The Gardenでとても大きな輝きを放っていました。

これから芽生えるであろう種であるseeDream、1年中枯れることのない常緑のようなClef Leaf、そしてFlower Notes。 Label The Gardenには、藤井 愛願みたいな逸材のような花が咲いていて、でも一向に芽が出ないリーフレタスもあります。そんな多様な花や葉っぱ、種が織り成すLabel The Gardenはこれからどんなおもしろい花を咲かせるんだろうと、すごい楽しみでした。

 

 

6月4日をもって卒業を発表した藤井 愛願。

彼女は当時中学3年生にしながら、その小柄で愛くるしいルックスからは想像のできないような歌声を響かせていました。

2016年8月5日、初ライブであるTOKYO IDOL FESTIVAL2016に初出演したseeDreamのセンターを務めたあいねってぃ。(以後「。」省略)は、観客を全員虜にする歌声でSeed of Departureを歌い上げていました(覚えてないけど←)。 初ライブなので当然見ている人は全員初見なわけだから、seeDream目当てで見に来る人、たまたまステージ前を通った人、贔屓グループの出番を待つヲタたち、さまざまな層があるところでそのさまざまな層に響く歌声を持っているというのは、なかなか探しても見つからないでしょう。

それこそ歌がうまいって言われているアイドルで、例えばまねきケチャ藤川千愛さんや夢アドの志田友美さんレベルのアイドルさんたちには対等かそれ以上の力量を持っていると思うわけです。

そんな棚橋逸材は、9月にseeDreamから選抜された6名で結成されたFlower Notesに昇格、当然そこでもセンターに据えメインボーカルを任されました。

f:id:arufa_18:20170605023907j:plain

1stメジャーデビューシングル「恋花」リリースイベント初日 2016.9.17 HMV & BOOKS TOKYO

9.17からスタートしたリリースイベント、12.11までほぼ毎週土日はずっとリリースイベントをやっていました。初めての経験ばかりでとても大変なこともあったでしょうが、まぁこの辺の雑感は以下に代えさせていただきます笑

blog.livedoor.jp

 

リリイベが始まったころはあどけない顔をしていたメンバーたちも、3か月駆け抜けると一気に垢抜けでそれっぽくなってきた…

f:id:arufa_18:20170605024905j:plain

 

Flower Notesにおける”つらい時期”というのは、僕が知る限りでは2016年の10月~11月と2017年の2月~3月の期間なんです。前者は、なかなかファンが増えず試行錯誤してもがくけどファンは増えなかった時で、港北(横浜)と柏の葉(千葉)でリリースイベントを行ったとき、過去最低レベルの集客でメンバーがかなり精神的にダメージを負ったことがあります。今ではなかなか考えられないんですが、特典会が10分で終わったりするような、そんなレベルです。

それが、リリースイベント最終回の12/11はイベントスペースに人が入りきらないくらいの、たくさんの人に見守られながらリリイベを終えることができました。結局CD販売枚数は目標のオリコンウィークリー20位以内に到達することができなかったのですが、それでも1stシングルで3000と数百枚というのは、前述のような状態でリリイベを駆け抜けた時期を考えれば相当な枚数だと思っています。

 

6人で歌って踊って笑顔を咲かせて、そんな6人のFlower Notesを好きになって、どんどん成長していくFlower Notesを見て元気をもらって。いつかのイベントであいねってぃは自信に満ち溢れた言葉で言ってくれました。「絶対大きな箱でライブやるから」(みたいな旨のことを)。

 

 

 _____

 

 

ほーんとにライブが大好きだし
どんなに辛いことがあってもライブだと笑顔になれてたの。
でも、その中でも卒業を意識し始めて、ファンのみんなにもそれが伝わちゃってたみたいで。
それは良くないなって思って。
笑顔でいられるうちに卒業しようって決めたんだ。 

lineblog.me

”卒業を意識し始め”たのは2月から3月にかけてのことで、ピークだったのは東名阪ツアーの名古屋の日だったと思います。この日は2部構成でライブが予定されており、ねってぃは体調不良で2部を欠席しています。センター・メインボーカルという重圧、そして期待。正直、Flower Notesは藤井 愛願ありきのグループでした。歌えるメンバーがいるかいないかの差は、ねってぃのおかげで身に染みて分かった気がします。

 

あいねってぃがプロのアイドルなのは、アイドルは客に笑顔を与えることが仕事だと分かっていることです。頭の中では理解していても実践するのはまた別な話で、それができるアイドルとできないアイドルとでは全然違います。

笑顔でいられるうちに卒業しようっていうことは、客に笑顔を届けられなくなるからということと同義であって、そういうところにもプロフェッショナルを感じるんですよね。

 

 

 

 

魂抜けながら書いていたらまとまらなくなってきたんでそろそろ終わります←

 

 

 

 

 

最後までプロのアイドルとしてヲタの前に出てきてくれたあいねってぃ。

あいねってぃを超えるアイドルはこの先なかなか現れることはないでしょう。それくらいのパフォーマンスを持っているのは、ファンだけでなくオーディションで審査員をやっていただいた各界の業界人のお墨付きを頂いているので、今更証明することはしません。”Flower Notes”に主眼を置いた意見を言うならば、これから2ndシングルも発売し、さらに波に乗っていくところでの卒業なので悔やまれる卒業なんですが、藤井 愛願に主眼を置いた場合、非常にベストなタイミングで卒業したと思っています。

当分芸能活動はしないそうなんですが、もしまたアイドルがやりたいなーと思ったら、いつでも戻れる、そしてそれを非難する人は誰もいない。こんなに愛され惜しまれながら卒業できることに感謝し、いい彼氏を作って、一皮剥けてまた気が向いたらアイドルになって帰ってきてください。それがLTGではなくとも構いませんので。

 

ただ、ヒロロさんも仰っていたように、卒業をさせてしまった大人たちの責任はあると思います。卒業してしまった以上、批判するつもりは毛頭ないですがメンバーのマネージメント、メンタルケアはしっかりやってあげてください。あとは、つらそうにしているメンバーを見たらほかのメンバーは助け舟を出してあげてください。もう、こんな卒業の仕方は見たくない。

 

 

最後になりますが、あいねってぃ、たくさんのはぴねってぃをありがとう。

あいねってぃがFlower Notesにいたことは忘れることができないし、忘れたくても忘れられないほどのたくさんの思い出をあいねってぃにはもらった気がします。

正義って言うのは、自分が思う正義と他人が思う正義は異なるわけで、そうすると正義は人の数だけ存在するんです。あいねってぃは、もし、自分の正義が通用しない正義を持つ人とぶつかった時、相手の正義を理解してみてください。そうしたら、きっと新しい世界が開けるかもしれません。

【決定版】LTGアワード 2017年上半期編

 

当ブログの管理人が”勝手に”ランク付けしちゃいました。批判等の意見は受け付けません。

 

【ベストイベント賞】

Flower Notes ROUND TRIP ~NAGOYA~

3/19の大阪公演を皮切りに始まったLTGの東名阪ツアーの名古屋公演。名古屋は昼と夜と2公演あったのだが、圧倒的に昼が楽しかった。なぜかは知らないけど。

そういえば、夜公演はねってぃ。こと藤井愛願さんがお休みしてしまって、5人でのライブでした。急な発表だったけど、5人での「Stay Gold」はFlower Notesの底力というか、空いた穴を他のメンバーがカバーしつつ、パフォーマンスの質を落とすことをなく披露していたのはすごいな、と思いました。しかも「Stay Gold」を初披露したのは前日の大阪公演だったんですよね。

 

その他入賞イベント

1/7 Clef Leaf「Evergreen」リリースイベント in HMVエソラ池袋

1/15 Label The Garden Harvest Vol.1 in 渋谷WWW

3/23 Coming up NEXT 2017 in 豊洲PIT

4/15 Flower Notes ROUND TRIP ~TOKYO~

4/22 Label The Garden祭り in サンシャインシティ池袋 噴水広場

6/7 葉っぴーLeaf in 表参道GROUND

 

 

【上半期MVP】

木村 咲彩

異論は受け付けません。

次点で葉月ことみ、幸重なな、坂下雅です。

 

 

【ベストハプニング賞】

藤井 愛願、卒業

いやーもうこれに尽きるんじゃないですかね。Flower Notes、ひいてはLTGにとって絶対的なエースとしてセンターに置かれ、小さな体から魅せるその歌声はライブ会場全体を特別な空間に仕上げる。そんな絶対的エースの脱退。レーベルにとって損失しかないでしょう。

 

その他、、(トピック含む)

・上野露葉、彼氏騒動でクビ。(ちなみに年明け最初の話題はこれでした。

・Clef Leaf 1stシングル「Evergreen」、ウィークリー19位入賞でめでたくラムコスリーフ。

・LTG Harvest、前売り券の整理番号が100番から。

ブルマーノーツを目の前にしたFlower Notesヲタ、ブルマ姿が生々しくて沸けない。

・Flower Notes、冠ラジオを持つ。

seeDream新メンバーに長澤姉妹加入。

・4/27 seeDream出演の対バン、ヲタ4人。

・6/26 桃色革命児玉せりか生誕イベント(Flower Notes)、ヲタ3人。

・豪雨予報の僻地リリイベ、20人近くのファンが来る。

・元フルーティー・湊帆洋さん、対バンでフルーティーと共演。

・Clef Leaf2chスレ、レスがつかず落ちる。

・ラジオ日本での冠番組「Flower Notesの花あかり」、ファンからのメールが1通もこない

などなど…。

 

 

こ、これからのLTGに注目だ!!

f:id:arufa_18:20170531022953j:plain

激動の4月

 

 

ホントは4/15に行われたワンマンライブについて”だけ”書きたかったのだが、そういうわけにもいかなくなった。

とりあえず先にワンマンライブについて書いちゃおう。

 

f:id:arufa_18:20170424021040j:plain

新宿BLAZEという場所で、レーベル、グループどちらにしても過去最大のキャパシティを誇る場所でのワンマンライブとなった。

集客見込みに関してはいい加減もっとマシな予測をできるようになってほしいところだが、パフォーマンスレベルとしては新宿BLAZEでライブができるほどのものに仕上がっていたのではないか。個々の歌唱力、ダンススキル、そのほか様々なアイドルに必要なスキルを見ると大したことはないが、それぞれがそれぞれの足りない部分をカバーしながらパフォーマンスを行えるというのは強みの一つなのかな~と思う

 

 

f:id:arufa_18:20170424023723j:plain

僕の推しちゃんの木村咲彩ちゃんです。

以下のツイートからです。素敵な写真ありがとうございます。

 

 

 

≪4/15 Flower Notes ROUND TRIP ~TOKYO~ セットリスト≫

1.Seed of Departure

2.fancy dorop love

3.パピラヴ

4.キミのもとへ

5.桃色片思い/松浦亜弥 (木村・藤井・高橋)

6.ショートカット/スマイレージ (葉月・長澤)

7.All for One/palet (全員)

スリッパ飛ばしゲーム

8.Seed of Departre(板橋加奈センターver)

9.恋花

10.ライラック

11.Suger & Milk

12.ゼンマイ仕掛けのロマンス

13.Stay Gold

Enc1.恋花

Enc2.Stay Gold

 

ライブの前半部分がseeDream時代の曲、後半がFlower Notesの曲で構成され、ライブを通して過去→現在→未来を表現したセットリストになっている。Stay Glodは2ndシングルの両タイプ共通カップリング曲となっているので、この曲で未来を表現しているのだろう。

ほかにも言いたいことはたくさんあるんだけど、そしてこの機会で書かないとたぶん一生書くことはないんだろうけど、それよりももっと大事なことが起きたので割愛します。

ついでにと言っては申し訳ないんですが、横断幕へのメッセ記入ありがとうございました。いい記念品になったと思いますがたぶんもうやりません。笑

f:id:arufa_18:20170424025707j:plain

f:id:arufa_18:20170424030208j:plainClef LeafseeDreamのメンバーからもメッセージをいただきました。ご協力ありがとうございました!!!

 

 

 

そんで。

4/22 サンシャインシティ池袋 噴水広場にて行われた『新星堂presents iPop Monthly Fes vol.60』

f:id:arufa_18:20170424030756j:plain

先に言ってしまうと、このイベントの最後にFlower Notesの藤井愛願さんが卒業を発表した。

藤井愛願さんというと、Flower NotesだけでなくLTGの顔でもあり、いなくてはならない存在、Flower Notesがこの先大きな困難にぶつかった時に藤井愛願という存在そのものが大きな力になってくれたであろうメンバーであった。いま一番失ってはいけないメンバーを失って、オカダがいなくなったCHAOSみたいな感じ。まぁ石井智宏好きだからいいんだけども。

 

なによりも発表が急すぎて、今もまだ整理がつかない状況なんです笑

いや、笑えない話なんだけど、5人ではじまったFlower Notesのリリースイベントも、やっぱり何かひとつピースが足りない感じ。藤井愛願という存在は、彼女自身が思っているより大きなもので、いまのFlower Notesにとって大黒柱のようなものだった。

 

なんで辞めるのを許可したとか、そういうのを問うのは愚問なのでやめておきましょ。たしかに辞める辞めないを考えるまでになった環境にさせたお偉いさんや大人たちへの責任追及はすべきだと思うが、卒業を発表した後では残された5人のFlower Notesの心配のほうが個人的には大きい。

 

リリイベの滑り出しは良かった。あとはがんばって3か月間は付いてきてくれたファンを離さない努力をしよう。

 

 

 

 

( ねみいのでここらで適当に話ぶちぎって寝ます←

 

 

 

Label The Garden 東名阪ツアー 雑感

 

正式名称は

「iDOL Blooming Session  〜OSAKA〜」

「Flower Notes ROUND TRIP 〜NAGOYA〜」

「iDOL Blooming Session 〜NAGOYA〜」

それぞれ、上から俗称として大阪公演、名古屋昼公演、名古屋夜公演と(自分が勝手に)呼んでます。

 

まずは大阪公演。


f:id:arufa_18:20170324042712j:image

以前にiDOL Showcase Liveで共演したKAMOネギやコロムビアの先輩である赤マル☆らとの対バン。

【セットリスト】

seeDream
1.Seed of Departure
2.キミのもとへ
『Clef Leaf
1.Clover
2.fancy drop love
3.Evergreen
4.カウントダウン
5.ありがとう、またね
『Flower Notes』
1.パピラヴ
2.恋花
3.ゼンマイ仕掛けのロマンス
4.Stay Gold
5.ライラック

 

トップバッターを務めたseeDreamはこの日が新体制となって初の4人のみでのパフォーマンス。披露した曲は''Seed of Departure''と''キミのもとへ''の2曲でした。まぁこの2曲しか出来ないだろうなと思っていたんで予想通り。Clef LeafとFlower Notesも1stシングルの収録曲で攻めてくると思ったので大方予想通りでしたが、''Stay Gold''が歌えるようになったのでセトリの幅がFlower Notesは大きく広がったのでは。

''Stay Gold''をまだ聴いたことのない方がほとんどだと思うので軽く説明しますが、めっちゃいい曲です(語彙力の欠如)。今までLTGの曲といえば、楽曲的な側面で見ればとてつもなくクオリティが高いのですが、じゃあそれをライブで披露して盛り上がるかと言ったら別の話で、いまLTGが抱える問題の一つです。

その問題を、この大阪公演で初披露したFlower Notesの新曲、''Stay Gold''で多少マシになったのではないかと。

ただ、披露するタイミングは大阪公演では無かったかな〜とも。まぁ初披露のタイミングは前から決まってたので結果論になるのですが笑

個人的な感覚ですが、Flower Notes、Clef Leafの大阪住みのファンって結構いるんですよ。そういう人たちやこれからファンになっていくであろう人材を確保するタイミングとしては、Clef Leafのリリイベが終わって一息ついた今が丁度いい時期だったと思います。が、後ろ盾が大手のクセして告知が少し弱いのではないかな〜… もうちょいハッキリ言うと告知が下手くそよね。

 

まぁ運営サイドの話はやり始めるとだいぶ長く書き連ねることになってしまうので控えますが、ただひとつ言える事は、今のFlower NotesとClef Leafにおいて一番手っ取り早い告知方法は対バン出演です。

(だから、4/2のアイドル甲子園や3/23のカミネク出演を決めたのは良い仕事をしたと思ってます。特にカミネク。)

 

だいぶ話が逸れた…

大阪公演、良かったですよ。ミッションのせいで肩の力が入りすぎていた感が歪めないけど、「気持ちを込めたパフォーマンスをする」というミッションに対してはクリアしてたと思います。アイドルとしてのライブパフォーマンスは及第点にも届かなかったですが笑 ウェイトがミッションにかなり寄ったのでそこは仕方ないかな〜と割り切ります。

 

 

そして次の日!


f:id:arufa_18:20170324045708j:image


f:id:arufa_18:20170324045732j:image

【セットリスト 名古屋昼公演】
1.Seed of Departure
2.パピラヴ
3.fancy drop love
4.恋花
5.ゼンマイ仕掛けのロマンス
6.Suger & Milk
7.ライラック
8.Stay Gold

※Clef LeafseeDream名古屋市内を観光してました。

 

名古屋昼公演は全3公演の中では突出して良かったライブでした。というより、今までの公演の中でトップクラスに良かったです。昼公演では大阪では出来なかったアイドルとしてのライブパフォーマンスがよく出来ていたと思います。めっちゃ楽しかった。 個人的に衝撃だったのがDIANNA SWEETが今月末に解散してしまうのを知ったことです笑 そういうことなんで見るのが最後のライブになってしまいました。鈴木杏実さん可愛かったのになー。また1人大黒将志が増えてしまうのかな。

(※大黒将志とは、説明すると長くなるんでだいぶ割愛しますが所属グループを転々とすることを勝手にそう呼んでます。もちろん自分だけ。)

 

【セットリスト 名古屋夜公演】

seeDream
1.Seed of Departure
2.キミのもとへ

『Clef Leaf
1.Clover
2.Evergreen
3.カウントダウン
4.ありがとう、またね

『Flower Notes』
1.Suger & Milk
2.恋花
3.ゼンマイ仕掛けのロマンス
4.ライラック

 

名古屋夜公演では藤井愛願ちゃんが体調不良でお休みしてしまいました。昼公演では元気にパフォーマンスしていただけにかなり心配しました。結局メンタル的なものなのか病的なものなのかは聞いてないんで分からないですが無理だけはやめて欲しいですよねー。ねってぃ。に限らずFlower Notesは6人でFlower Notesなんで。

 
f:id:arufa_18:20170324051257j:image

このねち子を守りたい…

 

 

名阪やりきって一息ついてるのかも知れませんが、まだ東京公演が残っています。諸事情でワンマンライブが出来るかはまだ未定なんですが、まぁやる方向に進むと思うんで特に心配もしていません。まだまだチケット絶賛発売中なのでぜひ来てください。

 

さいごに。
f:id:arufa_18:20170324051613j:image

Clef Leaf 1stシングル「Evergreen」リリースイベントを終えて

 

1/7から始まったClef Leafの1stシングル「Evergreen」のリリースイベント。

3/12の最終日まで光の速さで駆け抜けていった今回のリリイベ。レーベルとしては2度目のリリイベとなったが、辛辣な意見を言うならば前回のFlower Notes「恋花」のリリイベからはあまり成長した様子は見受けられなかった。

 

というのも、「恋花」のリリイベは9/17のHMV&BOOKS TOKYOから始まって12/11のエソラまでの3か月で行ってきて、様々な改善点が浮き彫りになった。

期間の長さや特典会の内容、事前告知の遅さやホームページの見づらさ。細かいところまで挙げるとキリがないのだが、なんだかんだ11月後半からはリリイベにも人が集まるようになり、最終日のエソラはイベントスペースに入りきれないほどの人が押し寄せた。

結果的にClef Leafも同じ轍を踏んだことになったが、まぁ今回まではそれを醍醐味として消化してしまおう笑

 

Clef Leaf結成されたのが2016年12月23日。メンバーはCIA(コロムビアアイドルオーディション)2015合格者から幸重ななと神谷泉水(一般的に1期生と呼んでる)、2期生から板橋加奈、伊原佳奈美、坂下雅が選ばれた。

選出メンバーに関して話すとまた長くなってしまうので割愛するが、昨年の12/23に結成され、1/7からリリイベが始まり、3/8にメジャーデビューするというものすごい早さは他のアイドルでは考えられない早さだ。

 

Flower NotesとClef Leaf。LTGの二大グループとしてこれから様々なイベントに出るであろう。プロデューサー曰く、今年度のオーディションの予定はまだ無いらしいので当面間はFlower NotesとClef Leafがメインとなって活躍していく形になる。もしかするとどっかから引き抜いて突然「新メンバーで~す!」とかあるかもしれないが笑

 

ちょっと話を戻してリリイベの雑感へ。

まず一番気になるところは集客とCD販売数についてだろう。集客に関しては最後まで満足のいくものではなかっただろうが、販売数自体はデイリー13位、ウィークリー19位と目標達成である。数自体はFlower Notesの「恋花」より少ないだろうが、とにかく目標には達したので褒めるべき点なのではないか。

単純に販売する機会(リリイベ)を増やしたところで売上枚数は伸び悩むというのはFlower Notesで学んだはずだが、「Evergreen」のリリイベでもそれが改善されることはなかった。50枚買ってくれる人を10人作るのではなく、1枚買ってくれる人を500人作った方が賢明なのは大手のレコード会社ならばわかっているはずだが…

どこかの誰かさんが対バンには出るなという〇ソみたいな意見を鵜呑みにするからこんな惨状になっているのでは。とは言いつつも、プラスに働いた面もある。それはLTGの現場の雰囲気を体感してもらえればわかるのだが、他のアイドルさんの現場より和やかだろう。まぁ、落ち着いた雰囲気を作ったのは「恋花」リリイベ初期にあったコール全面禁止も手助けしているんだろうが笑

一番手っ取り早く客を集めることができるのは対バンに出演することなのだが、リリイベが終わって一息ついたこれからが重要だろう。その先駆けとして3/19・20、4/15の東名阪ツアー、そして4/2に行われる150組ほどのアイドルが出演する春の祭典レッスルマニア”アイドル甲子園”に出ることが決まっているので、幸先良い新年度を迎えることができる。

できることならば4~6月は対バン出演に没頭して欲しいが、おそらく5月、早くて4月29日からFlower Notesの2ndシングルのリリイベが始まる予感がビンビンする。

4/29というのはあくまで予想なんで外しても文句は受け付けません。

 

f:id:arufa_18:20170315001956j:plain

 

というわけで(突然のシメ)、「Evergreen」のリリイベお疲れさまでした。

サプライズ企画の準備やそれに携わった方々、ありがとうございました。文字通りClef Leafに華を持たすことができて何よりです。

ラムちゃんコスプレ、個人的にはあまり見たくないのですが期待して待っときましょう笑

 

それでは~!

f:id:arufa_18:20170315002324j:plain

 

 

 

Evergreen(Type-A)

Evergreen(Type-A)

 

 

 

恋花【Type-A】

恋花【Type-A】

 

 

Flower Notes「恋花」リリースイベント雑感はこちら。

blog.livedoor.jp

 

 

ブログ移設のお知らせ

 

この度、のんびりとアイドル がライブドアブログより完全移籍でHatena Blogへ移設することが決まりましたのでお知らせいたします。

 

blog.livedoor.jp

 

 

また、同じくライブドアブログで活動していた FC東京紀行記と審判奮闘記 は引き続きライブドアブログでの活動となります。ちなみに、この先更新する予定は今のところありません笑

 

そして、ブログ移設と共に変更する点がいくつかあります。

【変更点①】タイトル

(旧)のんびりとアイドル→(新)のんびりアイドル

 

【変更点②】内容

(旧)アイドルメイン→(新)だいたいの趣味を広く浅く

 

【更新頻度】

(従来)不定期→(今後)週に1度or隔週に1度

 

なお、移行前のブログは当分消しません。昔の記事もこっちに移しますが、臭い評論記事はたぶん移しません。

 

よろしくお願いします。